暇の向こう側 ~暇つぶしてミラクルあり~

マジ暇なんですUK生活。超絶!暇つぶしライフだよ。最近、馬の世話でちょい忙しなった。

ボードゲームナイツ「Cluedo?」

 

毎年、年末年始の夜は

ボードゲーム大会が開催される。

 

今年はいろいろ忙しく、あと、コロナで人が遊びにこれないので、例年ほどはプレイしないけど、

 

それでも、うちでボードゲームが登場し活躍する季節。

 

 

年末年始の我が家の定番ゲームはなんと言ってもコレ。

 

 

 

クルード「Cluedo?」


f:id:fotheringay:20210104045724j:image

推理ゲームですな。

 

設定は、お屋敷でDr.ブラック殺人事件がおこる。

誰が、どの部屋でどの凶器を使ってDr.ブラックを殺害したのかっ!?を探し当てるゲーム。

 

登場人物、プレイヤーはこの方達。


f:id:fotheringay:20210104052843j:image

ふぉざちゃんはいつもMrsピーコック。で、娘ちゃんはいつもMissスカーレットでベジの人はカーネルマスタード。

 

 

殺人現場のカードと凶器のカード。


f:id:fotheringay:20210104061432j:image

 

 

あらかじめ、中央の黒い封筒の中に、答えとなる犯人、凶器、殺人現場のカードを一枚づつ誰にも知られぬように入れておく。
f:id:fotheringay:20210104050723j:image

その他の人物、凶器、現場のカードは各プレイヤーに配られる。

自分の番になったらサイコロを振って、殺人現場と思われる部屋にコマを動かして、推理していく。

たとえば、

「犯人はMissスカーレット、凶器はリボルバー、現場はボールルーム」

左隣のプレイヤーはそのどれかのカードを持っていたら、一枚だけ、推理したプレイヤーに見せる。

プレイヤーは得た情報をこのチェックシートにチェックしていく。


f:id:fotheringay:20210104054031j:image

 

自分が得た情報だけではなくて、他のプレイヤーの推理に他のプレイヤーが持っていそうなカードをゲスしながらの頭を使うゲーム。超面白い。

 

 

段々と、犯人像があきらかになっていく。

いち早く、犯人、凶器、殺人現場を突き止めた人の勝ち。

 

誰よりも先に、犯人を突き止めた時の達成感たらないわ。名探偵ポアロとか、シャーロック・ホームズとか、金田一とかコナンとか、そんな気分。

 

 

たまに、犯人が自分だったりするのが、もう一人の自分が夜な夜な悪さする、ヤヌスの鏡のゆみさん的サイコ感。

ブレイクダンスしながらすり寄ってくる風見しんご。

 

 

そして

長い夜は更けていくのであった。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 


イギリス(海外生活・情報)ランキング

 

 

ゆく年くる年

 

2020年

最後の夕暮れ。


f:id:fotheringay:20210101095713j:image

 

馬の世話も2020年最後の日。

 


f:id:fotheringay:20210101100133j:image


f:id:fotheringay:20210101100149j:image

 

そう言えば、去年の今日にハッティの母ちゃん馬を泥沼からレスキューしたなあ。あれから一年。早いようでいろいろあったなあ。

 

 

年越し蕎麦は、蕎麦が手に入らなかったので、年越しラーメンになった。


f:id:fotheringay:20210101095829j:image

ま、ここヘゲレスなんで、そこんと見逃してくれよ。

 

 

 

ピッピッピッピーーー。

0時になりました。

2021年の幕開けです。

 

 

明けましておめでとうございます。

 

 

0時になると、

 

一斉に花火が上がるんだけど、

 

今年は、コロナ禍であんまり花火も上がってないな。一個、赤い大きな花火が上がって、そのトゲトゲ加減がコロナウイルスに見えた。

 

 

鏡餅もお飾りしましたよ。

お餅詰め替え用のお鏡さん。

お餅の形をしたプラスチックの中に切り餅が入ってるのだ。


f:id:fotheringay:20210101094644j:image

The お正月。

 

今年もよろしくお願いします。

 

お餅を食べすぎないようにね。←小学校の時の年賀はがきのお決まりのフレーズだったな。

 

 

今年は日本に一時帰国したい。もう、ホンマ、勘弁してほしいわ、コロナ。

もう、元旦から充電切れそう。www

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 


イギリス(海外生活・情報)ランキング

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

雪の日

 

初雪だー。

 

 

朝、パラパラと粉雪が降ってきたよー。


f:id:fotheringay:20201230061812j:image

 

何年ぶりだろう。2年ぶりくらいかな雪が降るのは。プリティだなあ。

 

と庭を眺めていたらボタン雪ドカドカ降ってきて

 

あっという間にこんなに積もった。


f:id:fotheringay:20201230061820j:image

 

 

 

家の前の守護樹(勝手にそう呼んでいる)も雪化粧。


f:id:fotheringay:20201230061845j:image

 

 

服部さんファミリー(ハトのファミリー)も寒そうだわ。


f:id:fotheringay:20201230062032j:image

 

 

鼻歌

♪あああぁ〜〜〜〜

津軽海峡冬景色ぃ〜〜〜〜♪

 

 

 

こんな雪の日にも、馬の世話に行く。

ステイブルのお掃除。

 


f:id:fotheringay:20201230062049j:image

 

 

プリティだった雪も午後には止んで、積もってた雪もとけて、

魔法がとけたように

この泥沼の現実。


f:id:fotheringay:20201230062107j:image

 

 

こっちの人って雪の日でも車の運転荒いって。雪道なんでゆるゆる走ってたらガンガンと追い抜いていくし。そんなに急いで何処に行くんや? 冬用タイヤとか絶対履いてないだろうに。おそろしい。。。。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


イギリス(海外生活・情報)ランキング

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

クリスマスプディングに火をつけて

 

そして

クリスマスは

スケジュール通り遂行されたのだった。

 

 

クリスマスはいつも時間との戦い。

 

朝は早くから起きてクリスマスブレックファストの用意。近所に住む義理の妹がクリスマスプレゼントを持ってきた。

それと、

クリスマスの朝にヘンが卵を産んだらしく、2個おすそ分けしてもらった。

 

クリスマスエッグ。

 


f:id:fotheringay:20201227033048j:image

つか、エッグはイースターの特権アイテムだけど。ホリーにエッグはあんまり似合わんな。なんか新しい。

 

早速目玉焼きにしてスモークサーモンと一緒にいただいた。

 

 

午前中のメインイベントのクリスマスプレゼントオープンタイム。


f:id:fotheringay:20201227034415j:image

 

コレが時間がかかる。

 

 

 

今年は馬の世話もスケジュールに加算されて、過密スケジュール。いつもなら、クリスマスプレゼントを開けてからちょっとまったりタイムがあるのだけど、今年はちょい売れだしたアイドル並みに忙しい。

 

 

今年のクリスマスディナーはローストビーフ。

 

馬の世話に行っている間オーブンに入れて調理。こゆとき、オーブンって便利。

 

 

帰ってくるのがちょっと遅くなったので、時間が少し超過してしまい、

 

ミディアムレアにするつもりが、がっつりウエルダンになってもた。

 

 

まあいいか。それでも美味しく出来たどー。

 

 

今回、何が美味しくできたって、奥さん、グレイビーソース。手作りグレイビーソースでっせ。

お肉を焼く時に一緒に入れたニンジン、セロリ、玉ねぎ、ニンニク、ローズマリー、肉汁から作るグレイビーソースが、ワタシ的に今年のクリスマスの大ヒットやったわ。

 

 

そして、先日、6時間半もかけて作ったクリスマスプディングを温める。

文明の力、電子レンジを使う。温め5分くらいかな。

 

 

おお、きれいに型からはずせたど。


f:id:fotheringay:20201227032238j:image

 

ホリーをぶっさし

 

 

 

火をつける。

午後のクリスマスのメインイベント。

 

ブランデーをたらし、マッチで点火。


f:id:fotheringay:20201227032300j:image

 

おおおーーー、

 

 

 

青い炎がぼっと勢いよくついて、ふっと消えた。

 


f:id:fotheringay:20201227032319j:image

 

 

全てのものには終わりがある。

 

 

クリスマスなのに仏教的な何かを感じた。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 


イギリス(海外生活・情報)ランキング

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

クリスマス・リース

今日は

 

クリスマス・イヴ。

 

朝から忙しい。

 

 

お勝手口のリースを作る。

 

庭のアイビー、ローズマリー、ホリー、腐りかけのミカンで作ったにしては、まあまあのできだろう。


f:id:fotheringay:20201225053311j:image

 

 

 

馬のベイビーちゃんとハッティくんにもクリスマスプレゼントを兼ねて、クリスマスリースを作った。

 

f:id:fotheringay:20201225053401j:image

ローズマリーとキャロットのリース。


f:id:fotheringay:20201225053619j:image

こんな感じ。

 

さっそく牧場に行って、ローズマリーとキャロットのリースを餌箱に飾るも、

飾ったその直後からムハムハバリバリ。

リースが引きちぎられる。あーあー。

おしゃれより食い気。こうなる予測はしてたけど。

 


f:id:fotheringay:20201225054542j:image


f:id:fotheringay:20201225054601j:image

 

 

それから、もう1つのプレゼントは干し草箱にキャロットと林檎を潜ませておいた。今夜、イヴからクリスマスにかけて、ムハムハ干し草を食べてたらキャロットと林檎を見つけて大喜びするだろう。

 

けれど、さっそく匂いを察知して干し草箱をホジホジするハッティくん。


f:id:fotheringay:20201225054903j:image

まだはやいよ。クリスマスのサプライズプレゼントだよー。

 

イブから、クリスマスにかけての夜は寒くなりそうだな。

 

 

 

 

メリー・クリスマス♪

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 


イギリス(海外生活・情報)ランキング

 

 

17世紀レシピ「肉入りミンスパイ」

 

毎年、12月の中旬、

隣の隣の村の古いマナーハウスでのメディーヴァルクリスマスイヴェントに行くのだけど、今年はコロナでキャンセル。ショックだわー。

 

ヒストリカルなマナーハウスのそこにいる人はみな17世紀のコスプレ。

クリスマスツリーなんてまだヘゲレスには存在しない昔のイングランド。

飾りはオレンジにクローブを刺したポマンダーや、ローズマリーやアイヴィーのリース。

クリスマスフィーストの再現や、マーマーズ・プレイがお客さん参加型で行なわれる。そのあと、メデイーヴァルクリスマスキャロルをみんなで歌う。

f:id:fotheringay:20201218074820j:image

↑マーマーズ・プレイ

素人による寸劇で登場人物は場所によって違うらしいけど、大体の筋が、ソードバトルで王様もしくはソルジャーが死んで、ドクターが生き返らせて、生き返ったらソードダンスをする。最後に帽子などをもって観客からおひねりをいただきに回る。というのがお約束。

 

 

ここのマナーハウスのクリスマスイベントは超穴場で、クリスマスのイヴェントなのに全く混んでなくて、マーマーズプレイも一人二役とか当たり前で、そんなに人いないからコロナとかカンケーなくね?とも思うが、やっぱそうはいかぬのか。イベントがキャンセルになって悲しいし、そのせいか、クリスマスの気分がいまいちたかぶらぬ。

 

 

去年、

ここのカフェで食べた17世紀のレシピのミンスパイが、まさかの

 

肉入りだった。

 

イギリスに来た頃は、ミンスパイなのにミンス(挽き肉)じゃないことに衝撃だったが、肉が入っているミンスパイは一往復して再び衝撃。

17世紀の乱世のミンスパイは肉入りだったようだ。ポッシュお人たちは肉入りで、プアーなお人たちはビーフスウィト(牛脂)だけで我慢なのか? 筋金入り階級社会だからね。

 

 

去年、レシピをもらって来たので、今年はそこに行けなかった分、その衝撃のミンスパイを家で作ってみよう。

 

コレがレシピだが、


f:id:fotheringay:20201221124447j:image

 

大まかにフォローして、細かいことは気にせずアレンジ。

 

ラムは食べないので、牛挽肉で代用。その他諸々のややこしく書かれているものは、先日作ったミンスミートを使う。細々したものはすでにこのミンスミートに入っておるのじゃ。クリスマス季節、ミンスミート万能説。

 

炒めた挽肉とミンスミートを混ぜ混ぜ。


f:id:fotheringay:20201221124212j:image

追いスパイス、ナツメグ、シナモン、クローブ、ジンジャーすりおろし。

ローズウオーターなどという洒落たものはないので、パス。


f:id:fotheringay:20201221124229j:image

 

出来たどーー。
f:id:fotheringay:20201221100833j:image

 

17世紀ぽく、ピューターのトレーに並べてみたのだが、やっぱラップを下に敷いちゃうあたり、21世紀の人だな。ワタシは。

 

 

 

お味は、甘過ぎず、そんなに肉肉しくもない。絶妙なドライフルーツの甘さとお肉のハーモニー。セイボリー好きで、甘ったるいの苦手てな方には喜ばれること間違いなし。ふぉざちゃんと娘ちゃんは好きだぜ、この味。

 

 

17世紀のミンスパイ是非おためしあれ。

 

ちなみに17世紀のイギリスは

チューダー朝からステュアート朝へ、

ピューリタン革命からのクロムウェルさんの議会派が力をつけ王政廃止。英国唯一の共和政をしき独裁政治になるもクロムウェルさんインフルエンザで死後、息子さんがポンコツだったために、ここぞとばかりに王政復古。ペスト大流行、ロンドン大火、内戦続きなのにオランダとも3回も戦争。その他もろもろの戦。。。みたいな乱世も乱世。バトルの世。この世紀は戦争がなかったのはたったの四年間だけだそうだ。エグいなあ。もう。

 

そんなこと思いながら肉入りミンスパイを食べるとこれまた一層味わい深い。クロムウェルさんも食べたかな?コレ。とか。

日本の戦国時代の武将も食べたという虎屋の羊羹的なお菓子かな。

 

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

 


イギリス(海外生活・情報)ランキング

 

 

イギリスの学校の中での日本ってどうよ。

 

娘ちゃんの学校の今年最後の日に、

プチクリスマスパーティーあったらしく、その一環でクリスマスクイズなるものがあって、その問題の1つが、

 

『日本で、クリスマスの日にクリスマスディナーとして食べられているファストフードは?』

 

という問題だったそうな。

 

 

 

答え KFC

 

これじゃ、まるで日本人が皆が皆こぞってKFCをクリスマスに食べてるみたいじゃんね。まあね、クリスマスにKFC買ってる人もいるだろうけど、まず、宗教的なバックグラウンドから違うんだから、日本ではハロウィン並みにカジュアルだから。クリスマスは。

 

こーゆーちょっと小馬鹿にしたような小ネタに小踊りしてすぐ食いつくヘゲレス人あるある。

 

...

 

...

 

このようにしか考えられなくなったふぉざちゃんもこの国でもまれ相当ひねた性格になった。悲しい。

 

 

ちなみにその問題、娘ちゃんだけ正解だったって。さすが半分日本人。多分小踊りしたと思う。

 

でもね、安心してください。

そんなクイズの小ネタじゃなくって、きちんとした教材として学校で使われているのもあるんです。

 

3年くらい前、娘ちゃんがまだセカンダリースクールの頃、

 

「火垂るの墓」をクラスの授業で観たそうな。娘ちゃんいわく、ほぼほぼクラス中が涙したらしい(:_;)

で、どうだった?泣いた?って聞いたら、斜め前のクラスの一番の悪ガキがグシグシ泣いてて、それが気になって全然入ってこなかったらしい。多分、妹がいるんだろうな。

 

あと、これも、3年くらい前の話だが、

 

おかーさん、ワールドオーダーっていう日本のグループ知ってる?今日、プレイの授業でビデオ観たんだよ。

 

なにそれ。知らんがな。

 

ロボットみたいなダンスで歌ってるグループ

 

えー、聞いたことないわ。それほんまに日本人グループ?

 

うん、日本語の歌詞やった。

 

速攻ググる。

す、すげえや。なんじゃこの人たち。

 

ワールドオーダーについては、イギリスの地方都市のそのまた片田舎の学校経由で、配信から約7年後にいち邦人が知るというイギリスに居ながらの逆輸入的な稀な形となった。

 

生徒同士がアニメの話しをしているのは今や普通だが、そう言えば、NARUTOもデスノートもアタック・オン・タイタン(進撃の巨人)も娘ちゃんの友だちに教えてもらったっけ。

なので、学校の授業で日本のエンタメがつかわれるのは日本人として悪い気はしないなあー♪

と、

ワールドオーダー知らんかったくせに思ったのだった。

 


f:id:fotheringay:20201219083254j:image

 

 

クイズの

クリスマスにKFCは誤解を招きそうだけど、まあ、一部ファクトだからね。違うとは言えないな。

 

そんな話をしていたら、

娘ちゃんが学校でのある事件を思い出した。

クッキングの時間に先生が、日本では魚の目を食べるのよ。と言って、えーーー、キモーい。グロースっ。と一斉に皆が娘ちゃんを見たとか。

 

うちの日本の家族は食べないけど、食べる日本人もいるようなので、一部あってるけど。

 

食文化はその国の地形や置かれた状況によって変わっていて当然。じゃあさ、ある国の食文化をキモいとか言うならさ、

ラム(子羊)を食べるなんて鬼かっ!お前ら。って言ってやれ。それに、もともと日本では4本足の動物を食べるなど忌み嫌われた。欧米から牛を食う文化がはいってきたのだよ。キモいのはどっちだ。今や市民権を得たスシだって、20年前はスーシー、サシーミー、キモーいっ。て言ってただろ、お前らっあ!!

って言ってやれ。言ってやれ。

 

ま、けど、肉は美味いよね。文明開化の味だよね。

 

??うん。とりま肉は美味い。

 

あーーー、焼き肉食いてー。と娘ちゃんと絶叫。

 

 

で、

 

今年のクリスマスディナーはターキーではなく、ローストビーフに決定したのであった。

ベジの人はいつものクオーンミート(ベジタリアンミート)のローストね。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 


イギリス(海外生活・情報)ランキング