暇の向こう側 ~暇つぶしてミラクル~

暇つぶしに野原を散歩してたら馬に出会いそれ以降多忙。野草食ったり木の実食べたりイギリス生活お馬さんと一緒。

野草ガーリックマスタードを食す

今の季節は

楽しいな。なんつったって食用可野草の季節。

テンション上がる。

 

 

今日のターゲットは

 

ガーリックマスタード



牧場のストリームの脇に群生している。

アブラナ科の掟、4枚花びらの十字花。
f:id:fotheringay:20220504174306j:image


f:id:fotheringay:20220504174412j:image

 

去年、葉っぱを生で食べてあまりに青臭かったので、

 

今回はペストにしてみよう。とりま緑色葉っぱ系はペストにすると美味そう。

 

材料はスティンギーネトルペスト作りと同じ。ネトルの代わりにガーリックマスタードを使う。

 

ネトルは下茹でするけれど、ガーリックマスタードはそのまま使うので、よーーーーく洗う。茎から葉っぱをとって葉っぱだけにしてよーーーーく洗う。白い花も食用可。

 


f:id:fotheringay:20220504174741j:image

ブレンターにぶっ込む。

 

レモン、ニンニク、オリーブオイル、パルミジャーノチーズ、カシューナッツ、塩胡椒、以上をぶっ込んで

がーーーーーっと。

 

ハイ、

出来たどー。

 

ちょうどイタリアンクラッカーがあったので、そいつと頂く。

 


f:id:fotheringay:20220505212530j:image

見てみそ、クラッカーのパッケージの写真も緑のペストにディッピングではないか。

 

 

ああ、コレは大人の味。

ピリリとマスタードの刺激がたまらん。アブラナ科ならではの辛み。少々青臭いがそれも野草の醍醐味。

 

クレソンのような青味と、ホースラディッシュのような辛みが融合。

コレ、肉料理のレリッシュに絶対良い。ステーキに絶対合う。肉料理のおともだわこれは。

うんうん。大人な貴方は絶対にコレ好き。

 

娘ちゃんはくせのないスティンギーネトルペストの方が良いと言っていた。おこちゃまやのお。

 

ガーリックマスタード、

今が収穫時期ですぞ。そこら中に生えてるどー。

スティンギーネトルより扱いやすいし、下茹での工程がはぶけるので、忙しいあなたにピッタリンコ。

 

マジ美味かったので、また採るどー。

 

追記:

このガーリックマスタード、日本では日本固有の生態系を脅かす危険な外来種らしいです。

見つけたら、食べて駆逐しましょう。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

 

 


イギリス(海外生活・情報)ランキング